体の健康やビューティーに関して


栄養バランスの取れた食事を1日3回とることやスポーツはもちろん、体の健康やビューティーを目的として、サブに様々な種類のサプリメントを利用する事が一般的になりました。

気分障害のうつ病は脳内で分泌される神経伝達物質である「セロトニン」が不足することにより、不眠、強い憂うつ感、倦怠感、疲労感、食欲不振、体重減少、強い焦燥感、意欲の低下、希死念慮、そして重症化すると自殺企図など様々な症状が現れ、2週間以上続きます。

「体脂肪率」というものは、身体の中の脂肪の占めている割合を指しており、「体脂肪率(body fat percentage、percent of body fat)=体脂肪の量(kg)÷体重(body weight、kg)×100」という数式によって算出することができます。

今、若年層で結核(けっかく)に対抗できる免疫(抵抗力)を持たない人々が増えていることや、診断が遅れることなどに縁る集団感染や院内感染が増えていると言われています。

常在細菌の一つであるブドウ球菌(staphylococcus…staphylo-はラテン語で「ブドウの房」という意味)は紫色に染色されるグラム陽性球菌であり、毒素の極めて強い黄色ブドウ球菌(オウショクブドウキュウキン)と毒のあまりないコアグラーゼ陰性ブドウ球菌(CNS)の2つが存在します。

めまいが出ず、長時間続く耳鳴りと低音域の難聴を何度も発症するケースのことを区分けして「蝸牛(かぎゅう=カタツムリ)型メニエール(メニエル)病」というような場合も多いそうです。

ストレスが蓄積するシステムや、有効なストレスのケア方法など、ストレス関連の細かい知識をお持ちの方は、さほど多くはありません。

いんきんたむし(陰金田虫)は20~30代の比較的若い男性に多く確認されており、よくあるパターンとしては股間の周囲だけに広がり、身体を動かしたり、入浴後など身体が熱くなると激しいかゆみを起こします。

70才以上の高齢者や病気を患っている人などは、目立って肺炎を起こしやすく治療が長引くという傾向があるため、常日頃から予防する意識や早めの受診が必要です。

暴飲暴食、肥満、喫煙、消費カロリーの低下、仕事などのストレス、老化などの複数の原因によって、インスリンの分泌量が少なくなったり、働きが悪くなったりして生活習慣病に属する2型糖尿病(ICD-10:E11)を発症するのです。

万が一婦人科の検査で予想通り卵胞ホルモンと黄体ホルモンの分泌量が基準値を下回り早発閉経(POF)と判明した場合、不足している分の女性ホルモンを補う医術などで改善が望めます。

500以上もの働きを持つ肝臓に中性脂質やコレステロールが付着した状態の脂肪肝(fatty liver)は、肝硬変を始めとする様々な疾病の原因となる恐れがあるのです。

毎日の折り目正しい暮らしの維持、満腹になるまで食べないこと、持続可能な運動等、アナログとも言える自分の健康への取り組みが皮膚のアンチエイジングにも活用されるのです。

基礎代謝(きそたいしゃ)というものは人間が横たわっていても必要な熱量のことであり、その大部分を全身の筋肉・内臓の中で一番大きな肝臓・大量の糖質を消費する脳が占めているということはあまり知られていません。

骨折してかなり出血してしまった時に、急激に血圧が降下して、目眩や冷や汗、吐き気、顔面蒼白、気絶などの脳貧血の症状が出現することがあります。